小国スカイランタンフェスティバルにおける新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

イベント開催にあたり、本ガイドラインで注意喚起ならびに予防策を講じます。

(1)全般的な事項
施設管理者等と協力・役割分担の上、適切な感染防止策を実施します。参加者が、感染防止対策が講じられているか確認することができるように、ホームページでの公表を実施します。
各事項が遵守されているか会場内を定期的に巡回・確認します。
イベントを開催する前後には、観客やスタッフ移動中や移動先における感染防止のための適切な行動(例えば、感染拡大地域への出張等による感染リスクのある行動の回避)を促します。
感染拡大予防のための業種別ガイドライン等に則した感染防止策の徹底します。

(2)参加者への依頼
参加者が以下の事項に該当する場合は、参加を見合わせていただきます。
体調がよくない場合。(例:発熱・咳・咽頭痛・味覚障害などの症状がある場合)
新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方とのイベント参加日の14日以内に濃厚接触がある場合。
同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合。
過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合。
マスク着用、こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒。
会場内の混雑を防止するため、入場制限する場合があることへの理解を求めます。
参加者、スタッフ等との距離(できるだけ2m以上)を確保します。(障害のある方等の誘導・介助を行う場合を除く)
イベント中の大きな声での会話を自粛していただきます。
原則として、ごみは持ち帰っていただきます。
イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、保健所等が実施する行動履歴等の調査への協力を要請します。
その他、感染防止のために主催者が決めた措置や主催者指示の遵守していただきます。

(3)施設・会場(施設管理者と協力・役割分担の上、実施)
接触感染防止
他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所を定期的に消毒します。
高頻度接触部位(テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、キーボード、タブレット、タッチパネル、レジ、蛇口、手すり、つり革、エレベーターのボタンなど)には特に注意します。

(4)飛沫感染防止
換気の状況を考慮しつつ、人と人との距離がどの程度維持できるか、施設内で大声などを出す場がどこにあるかなどを事前にチェックし対策を講じます。

(5)本会場
会場の換気の徹底。(窓開け、機械換気など)
不特定多数が接触する場所は、定期的に清拭消毒を実施します。
他人と共用する物品や手が頻繁に触れる箇所を工夫して最低限にします。
複数の人の手が触れる場所・物品を適宜消毒。特に、手や口が触れるものは、適切に洗浄消毒するなど特段の対応を実施します。

(6)ゴミの廃棄
ゴミを回収する人は、マスクや手袋を着用します。
マスクや手袋を脱いだ後は、必ず石鹸と流水で手洗いします。

(7)清掃・消毒
市販の界面活性剤含有の洗浄剤等を使用して清掃を行います。
通常の清掃後に、不特定多数が触れる環境表面を清拭消毒します。(開催前後)
イベント開催中も、必要に応じて、手すり等の共用部を消毒します。

(8)運営
開催・運営に当たっての留意点
イベント時間は、可能な限り短縮し、感染リスクを圧縮します。
至近距離での対面接触の機会を縮減します。
座席数を減らすなど、人と人との間隔を確保します。
会場設営は可能な限り簡素化し、設営に要する人員・時間の縮減します。
障害のある方、高齢者、基礎疾患のある方など、感染時に重篤化する可能性が高い方に特に配慮します。(参加させない、入口や会場を分けるなどの工夫)

(9)当日の受付時の対応
入口、受付窓口に手指消毒剤の設置します。
参加者の検温(非接触型)や赤外線カメラで体温を確認(機器がある場合)します。
発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は入場をお断りします。
受付を行うスタッフはマスクを着用します。
インターネットやスマートフォンを使った電子的な受付の一層の普及を図り、受付場所での書面の記入や現金の授受等をできるだけ回避します。

(10)イベントスタッフ等
スタッフは、イベントの運営に必要な最小限の人数とします。
出勤前の検温・体調確認を徹底し、発熱がある場合等は自宅待機とします。
マスクを着用し、手洗い、手指消毒を徹底します。
ユニフォーム等については、こまめに洗濯を行い、清潔に保ちます。
イベント中に体調変化をきたしたスタッフがいないか注意します。
休憩時間は分散化し、対面での食事、会話を避けます。
休憩場所は、窓を開けるなど換気を徹底します。
スタッフに対する感染防止に係る教育の実施します。(アルバイトを含む)

(11)出席者
段階に応じた人数上限、収容率を遵守し、以下に留意します。
・座席有の場合:1席以上の間隔を確保します。
・座席無の場合:原則、前後左右2mの間隔を確保します。
屋内、屋外の別、実施目的・方法により、具体的な間隔を検討し明示します。

(12)観客
段階に応じた人数上限、収容率を遵守し、以下に留意します。
・座席有の場合:1席以上の間隔を確保します。
・座席無の場合、原則、前後左右2mの間隔を確保します。
屋内、屋外の別により、具体的な間隔を検討し、明示します。

(13)出席者等の動線、人員整理等
会場内、動線上、人員を滞留させないよう、場時、休憩時間や待合場所などで、交流等を極力控えるよう呼びかけます。
誘導員による適切な誘導を行います。
複数かつ余裕のある人員動線の確保します。
多様な交通手段の提示や時間差入退場などの工夫します。



<お問い合わせ>
主催:おぐに白い森株式会社×株式会社小国町地域総合商社
協力:株式会社SHIP・株式会社フリーウェイツアー
本イベントに関するご質問等は以下までご連絡ください。
TEL:025-282-7505(株式会社 フリーウェイツアー 担当:安部)平日9:00~18:00